親子関係を崩さない中学受験&子育てを目指す~共育ママダイヤリー

2024年受験終了(女子) 性格分析&ライフリズムをフル活用した親子の受験奮闘記

6年生 まさかの後期日特変更?!

先日の日曜日「合格力 実践テスト」 りーさんはテスト&日特をお休みいたしました 備忘録の【テスト分析&結果のアップ】もお休みとなります

 

休みの原因は体調不良 もともと朝が弱い娘 テストへ向かう用意をしていると明らかに顔色が悪く、唇も白め・・・貧血的な感じ 女子は本当にいろいろと体調変化があり大変です・・・

 

薬をのませ少し休んで遅れて向かわせることもできましたが今回は実践テストだったこともあり

 

・問題がもらえて

・正答率が分かり

・志望する学校に必要な問題がしっかり分かればよい

 

と思った結果無理をさせず睡眠をとり、すこしゆっくりさせてあげることを選択しました

 

「みんな頑張っているのに休んで大丈夫?!」「甘い親かな?!」という葛藤もあります

「うちの子は大丈夫!!」なんていう自信はどこを探してもありません

 

中学受験で子供にどこまでやらせるか

 

という課題に悩まれる親御さんも多いのではないかと思います 私がまさに11月そのことでめちゃくちゃ悩んでおりました 中学受験体験記が本になるくらいですから、それぞれのお子様にきっと大小さまざまなドラマがありますよね

 

もっと淡々と進むと思っていた6年生後期 我が家なりにドラマチックに過ごしております()

日特校変えることになりました

急転直下 本当に思いもよらない出来事です 通っていた志望校日特ではお友達もでき、先生との相性も問題なく楽しく通っていました

2クラスあるうち上のクラスにも入れ、席も9月から1列目をキープ 志望校の過去問との相性も大きな問題がなかったためこのまま2月まで頑張っていくものだと思っていました

 

でも

 

9月~11月に文化祭や学校説明会に行く機会の中、娘なりに真剣に志望校をイメージしたようで「本当に行きたい学校」のランキングが突如変わってしまいました 今までは「チャレンジできれば良いかな」くらいに考えていた学校がダントツの上昇です でも正直

偏差値足りていません・・・()

9月~3か月日特で通っていた第1志望の学校の過去問は国・算のみですが6年分くらいはやっておりそれなりに時間を費やしています

ここから志望校を変えるというのは親としては勇気のいるものでした 今のまま安全の可能性が残る形でいきたいというのも本音

 

そのような経緯を塾の先生にお電話で相談した結果、日特もチャレンジ校に変えて最後ラストスパート頑張ろう!!ということになりました

 

もちろん12月に2回ある公開模試の結果で2月の受ける学校は変わり元の志望校に戻す可能性もまだ考えられます

 

娘の意見は「私チャレンジしたい!! 今のままだと余裕感が出てしまうから」というものでした やはり数字統計学性格分析のファイターさん 向上心は健在でした

考えれば不安に思うことばかりですがもうここまで来たら娘が自分で決めたことを信じて進むしかありません

個別塾の先生から念を押されたこと

ここから2月まではとにかくポジティブな声掛けをお願いします 個別塾(算数受講)の塾長からのくれぐれも・・・のお願いでした

母:でも先生 自覚がまだまだ足りてない気もしますし変に自信過剰に見えてしまうんですよね

先生:自信は模試の結果や過去問の点数がなくしてくれるので大丈夫です 子供は不安に思っていてもなかなか見えない子のほうが多いですよ

 

褒めてのばす

気持ちよく集中させる

応援されている気持ちが何よりの支え

と言われました

N塾の担任の先生も以前「頑張っているので励ましてください」とおしゃってました 私の周りのプロの先生は同じことをおっしゃいます 先生方も親が子供にポジティブに接し続けることが難しいことはよくわかってからこそ念を押して言っているのだと思います

 

子供にも○○先生に「ポジティブに接するように言われた」とお知らせしました だから私がネガティブワードを言い始めたら「ママ言われたんでしょ」と教えてくれるはずです

(ちなみに娘はネガティブに言わないようパパにもっと注意してと言っておりました)

冷静に考えれば学校が終わってから塾 土曜日や日曜日もテスト、春期・夏期・冬期講習など何年も本当にみんなよく頑張ってきたと思います

 

だからこそ、そこにかけてきた労力が報われるように親も自然に必死になってしまうのですよね

 

目標を立てることは大切ですが中学受験に関しては「絶対○○」的な考え方をしないようずっと心がけてきました 自分のことなら絶対○○という強い意志を決めて取り組むことは効果的ですが中学受験の主体は子供で私はサポート役

 

一種の中だるみ時期だった5年生の時のほうが、やる気が感じられない娘の態度に母として過激な発言・行動をとることもあり「中学受験なんてやめてしまえばばいい!!!」と何度なったか分かりません 

主人も家庭崩壊するぐらいなら…と正直思ったことと思います

どこにあるかわからない娘の「やる気スイッチ」をずっと探してきましたがやっと自分で見つけてくれたようです 本音を言えば「もう少し早く・・・」というところですが先生にもポジティブにと注意されましたし本当にここだけの話にしておきます 

ラストスパートに資質・性格を改めて意識

娘の資質・性格 
数字統計学気質 太陽ファイター
うさぎとかめのうさぎタイプ
1人でコツコツは苦手だけど
見られていると頑張るタイプ
あきっぽいので短期集中型
決めたことに迷いはない猪突猛進型


個別塾の先生が「最近類似の問題のプリントが欲しいと自分から言ってきてすごくうれしかったです」と報告してくださいました 難しい問題ももう少し自分で頑張ると前向き取り組んでいるようです

ただまだ小学生 ずっと高いモチベーションでい続けることは難しいと思っています

 最後まで娘の【資質・性格】に合わせ娘らしい受験スタイルを全うすることを目標にしていきます

数字統計学キャラクター このブログで出てくる【太陽ファイター】りーさん()の数字統計学キャラクター簡単にキャラクターが分かるリンクを文末に貼っておきます

【かなり余談なおまけの話】
↓↓↓

推しというお守り

イクラが好きな娘は実はドズル社のファンだったそうです 最近知りました その中に【おんりーとおらふくん】というキャラクターがあるそうですがその2人が好きで特に「おんりー推し」な娘

ある時懇願されUFキャッチャーで「おんりー」をゲット

普段UFキャッチャーなど全然しないド・素人の親子ため下手過ぎて2000円以上つぎ込みどうしても欲しそうな姿にみかねたゲームセンターの優しいお兄さんが最終的に確実に落ちる角度に設定してくれゲットという・・・

 

後日どうしても追加で欲しい「おらふくん」はUFキャッチャーを取る裏ワザ動画をYouTubeで見て1300円で自力でゲット

その日以降、勉強する時には必ずそばに常駐させている2人 どこに行くにも連れて行っています 好きなものを目にするとパワーが増すそうです 私も形から入るタイプなので気持ちは分かります

頑張ってくれるなら何でもいいです(笑)

子供同士の会話でお友達の中にはいろいろと禁止されていている子もいるそうです

欲求を遮断するほうが効果がある場合も考えられますが 娘は確実に「禁止に反発の性格」だと感じているので妨げにならないくらい程よく与え、パワーアップ&リフレッシュになってくれたらよいなと思っています

数字統計学キャラクター

このブログで出てくる【太陽ファイター】りーさん()の数字統計学キャラクター 簡単にキャラクターが分かるのでお子様や自分のキャラクターをぜひ出してみてください

本日も最後までお読みいただきありがとうございました

インスタ気軽にフォロー受け付けています
(※無言フォローOK)

 

「ポチッ」としていただけたら更新の励みになります♪