【中学受験&子育て】共育ママダイヤリー

子供の可能性を無限大∞にひろげるため数字統計学(資質・性格&ライフリズム分析)を活用しているアドバイザーの実録記       

学校見学やフェア見学後に行っておくとよいこと

明日はいよいよ「私学フェア」ですね 

 

昨年のブログにも書かせていただいてますが午前中に公開模試を受けて午後に四谷の「上智大学」の会場に参加したので日曜日の四谷でランチ難民になってしまった思い出があります

でも6年生は特に家と塾の往復ばかりだったので本当に娘と二人で外食することが久しぶりで貴重なリフレッシュタイムとなり振り返ると良い思い出の時間です

しばらくブログもインスタも更新ができておりませんでしたがアクセス数があり「よく読まれている記事」に私学フェアについてが上がっているので、今年行かれる方の参考になっていればうれしいです 

明日行かれる方には有意義な時間になりますように☆

私学フェアは回る戦略が大切

特に6年生はどのように回られるか戦略は立てられましたか??我が家は集合時間より早めに行って並びました また話を聞く学校も3校に絞って滞在時間「1時間15分」と短期決戦で臨みました 

 

時間が遅くなるほど混んできて特にテスト後のお子様は疲れているので目当ての学校は早めに回るようにしてあげると良いと思います

学校の回り方などは事前に私がシミュレーションして、ランチしながら子供と回る学校の確認やどんな質問をするか、私自身(母)が「これは聞きたい!」ということを確認した思い出があります


前回のブログに当日の詳細は書いておりますが、我が家は6年生の私学フェアは「子供がメイン」で話しています 「聞きたい質問を自分でする」ことで学校への希望度が高まり学習意識のプラスに効果がありました

 

先生とお話するのでもちろん苦手な子もいると思いますので、質問を決めてそれだけは自分で聞いてみて、あとは親がアシストしてあげるなどくれぐれも無理のない方法がベストかと思います

説明会やフェアの帰宅後におこなう我が家の儀式

学校説明会や私学フェアの帰宅後は必ず娘と学校についての感想・振り返りを行っていました(主人も含めて)

 

娘は文章にして残すことをとてもめんどくさがるので、我が家は付箋に学校の良かったところ、イメージできたこと、気に入っている点、もし気になるところがあれば付箋の色を変えその点もメモしておきました

 

付箋は志望校のパンフレットの表紙にペタペタ貼って保存(付箋ははがれていしまうのでその上からセロハンテープ留めもしてます)

 

見学や話を聞いた日が一番気持ちが新鮮なので帰ってきたらすぐ行いました

娘の性格上、視覚で記憶する・残すということが効果的なので夏休み~後期・直前にかけては自分の気持ちの書かれたパンフレットを眺め『モチベーションの維持やアップ』にとても役立ったと思います

子供のスケジュール管理

まもなく7月になりますね

どうしても受験生の皆さんは「天王山」というワードが頭をよぎってしまうと思います 昨年の今頃は


☆ 夏休みの学習スケジュールをどうするか??

☆ どのような学習取り組みの内容にするか??

 

私もこんなことで頭がいっぱいだったと思います 長期休みは計画を立ててもなかなか思うようにクリアできず、6年生の春休みも自走モードを大失敗

受験最後の夏休みは後悔ないように!!と気を張っており、いろんな資料で情報収集しながら「娘にベストな学習時間・学習方法」を模索していた自分が思い出されます

 

私は

夏休み=課題解決の時期

 

という説を信仰していたので娘の夏休みは昨年のブログにもあるように「算数苦手女子の挑戦」という目標を掲げとにかく算数に1番時間を割きました

 

学習効果は2か月後くらいから現れると言われていますが、夏休みの集中特訓の効果なのか本当に10月くらいから算数が安定してきて、算数が伸びたため持ち偏差値以上の学校に受かることができたと言っても過言ではない気がします

 

難しい問題を多くチャレンジ解くよりも9月まではまだまだ基礎・基盤強化で大丈夫な時期だと思います 算数に伸び悩んでいるお子様がいらっしゃいましたらどうか諦めず根気よく夏休みに向き合っていきましょう♪ 応援しています!!!

娘がどのくらい基礎・基盤強化だったか・・・後日実問題がアップできたらよいなと思っています() 

中学入学後の3か月

今回はりーさんの現状について少し書きたいと思います りーさんがご縁のある学校に入りもうすぐ丸3か月が経ちます 

学校は2期生なので少し遅く(?)来週から期末テストが始まります 5月末に中間テストでしたので中間と期末のスパンがかなり短いです 今回は8教科

持ち偏差値以上の学校に入り周りは本当に優秀な方ばかりで授業や発表などりーさんも「すごい!!」と思うことが多々あるようです 親としては学校に入ってから学年やクラスでTOP層を目指してほしいという思いはなく、とにかく「平均を目指して頑張ろう!」というスタンスで今も勉強しております

娘の様子を一言で言うなら

「楽しいけどとにかく毎日疲れている」


と言った感じです

週6日制なので土曜日もあります 6月は祝日が1日もないので辛そうです

通学はドアtoドアで片道1時間 行き帰りもずっと立ちっぱなしではないことが幸いですが人身事故が多発する中〇線沿線に学校があり、今週はほぼ毎日行き帰りのどちらかが遅延していて昨日は帰宅に2時間もかかりました

6年生の塾の荷物も重いですが(特に日特)中学校も大きなリュックに毎日かなりの重さです

平日は疲れて夜起きていられないので平均21:45分就寝で8時間睡眠
起床は5:50分で家を出る時間は6:35 45分で準備&朝食のリズムにもやっと慣れてきました

朝勉を行う時間はないので電車に乗車して20分は小テストの学習もしくは学習アプリと約束をしています 家やる時間が本当に少ないないのでそれだけは必ずやったほうが良いと念を押しています

良くも悪くもスマホの携帯なのでいくらでも誘惑があります Family Linkで使用時間をチェックしています

娘もそうですが私もこの3か月中学校のリズムに慣れること、日々のスケジュールフォローやテスト前のサポートなど模索続きの日々でした

朝食を作り、家をでる6時半までにお弁当をしあげなくてはいけないプレッシャー(笑) 受験が終わったのに時間に追われる日々は変わらず、毎日睡眠時間が6時間を切る生活・・・

自分のためだけではなく、旦那さん・子供のために様々なことを段取りながら行う「お母さん」という役割ってやっぱりすごい!!と改めて感じながら自分も頑張ろう♪と思う日々でした

本日も最後までお読みいただきありがとうございました

インスタ気軽にフォロー受け付けています
(※無言フォローOK)


「ポチッ」としていただけたら更新の励みになります♪



過去の記事はこちら
↓↓↓

www.kyoikumama-diary.com

 

www.kyoikumama-diary.com

 

www.kyoikumama-diary.com